TEAM FOSSILS 2018

2018.09.4

category : ALL

1938年に南アフリカで発見された、生ける化石シーラカンスの調査観察プロジェクト:TEAM FOSSILSのメンバーとして参加して来ました。

今回の目的地は南アフリカ共和国の北東にある世界遺産イシマンガリソ湿地公園内の海域。
『プロジェクトリーダーの前田和彦 氏』率いるプロフェッショナルメンバーで、深海に生息する古代魚の知られざる生態の謎に迫るというプロジェクト。
南アフリカのダイビングスタイルや調査の一部をご紹介させていただきます。

日本からドバイまで約11時間。ドバイからダーバンまで約8時間を経由してダーバンに入りそこから車で5時間ほど移動。
和歌山の端っこ古座から国内移動やトランジットを含めると2日間の移動で目的地へ。

今回お世話になるのはTriton dive loge。

TEAM FOSSILSフルメンバー。

ダイビングスタイルはビーチから船が出入りしリーフの荒波を超えて外洋へ飛び出します!!
使用している船はゾディアックという軍隊も使っているゴムボート!大きなウネリと南極からの風が吹き水面はハードな状態です。移動中多くのザトウクジラがお出迎えしてくれ、イルカやマンボーも水面ジャンプ!!
そんなコンディションでの中、船上で欠かせないのが陸上撮影機材を守るための防水性に優れたストリームトレイルアイテム!!

Dry Tank D2 40L

地元の女の子もお気に入り!!

船上ではデーブくんタオルも大活躍!!

今回、『TEAM FOSSILS』によりシーラカンスの新たな生態が発見され、この素晴らしい結果を2018年の日本魚類学会で発表されました。

番外編
アフリカといえばサファリ!!っということで動物探しにも行ってきました!!
「ビッグ5」といわれているライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、バッファロー注意の看板にDaveくんも仲間入り?笑

サアファリ内探検中!!

水辺でカバ&Daveくんのコラボを撮影中

カメレオンとお友達のDaveくん

南アフリカでも大人気のSTキャップ!!

いつもサポートいただいているストリームトレイルさんに感謝です。

Tags

関連タグ